食材宅配の放射能検査・農薬の使用回数は?

 

  • らでぃっしゅぼーや
  • オイシックス
  • 大地を守る会
  • コープデリ

 

の放射能検査自主基準、情報公開、農薬の使用回数や有機栽培、添加物の使用について調べました。

 

らでぃっしゅぼーやの安全基準

 

①農薬の使用回数を制限した減農薬野菜

 

普通の野菜は慣行栽培農産物と呼ばれ、都道府県が定めている回数分農薬をかけています。
特別栽培は慣行栽培の半分の農薬程度に制限しています。

 

らでぃっしゅぼーやの野菜は、それ以上の回数制限をかけています。

 

 

②添加物を90%カット

 

調味料・お菓子・惣菜などの添加物を極力使っていません。
国が定めている746の添加物のうち、90%を使っていません。
有機JAS許容添加物、指定添加物の一部のみ使用しています。

 

③自主基準を設けて放射性物質を検査

 

全ての野菜の放射能検査をしています。
果物・肉魚・きのこ・加工食品 国の基準の半分以下
葉物野菜・牛乳 国の基準の20分の1
卵・水・ベビーフード 不検出

の条件を満たす物を配達しています。

 

不検出は1~3Bq/kg

 

また産地限定の野菜も選べます。

 

検査結果は、らでぃっしゅぼーやのホームページで1項目から検索して見ることができます。

 

 

 

オイシックスの安全基準

 

農薬は最小限、化学肥料は極力不使用、遺伝子組み換えは不使用、残留農薬検査、
放射能検査については毎週ホームページで検査結果を発表しています。

 

検査基準は国の基準と同じ100Bq/1kg以下

 

ベビー・キッズ商品は不検出のみ配達しています。
不検出は5~10Bq/1kg以下

 

産地・生産者を確認し、選んで購入できます。

 

 

大地宅配(大地を守る会)の安全基準

 

農薬
有機栽培のもの、農薬不使用のものが88%

 

化学調味料・添加物は基本不使用

 

放射能検査
ベビーフード・子供用食品は不検出のもののみを宅配
不検出は3Bq/1kg

 

それ以外のものは10Bq/1kg以下のものを宅配
検査結果は毎週ホームページに公開されます。

 

また、西日本以南(愛知県以南)に限定した野菜配達もしています。

 

 

コープデリの安全基準

一般食品 100Bq/kg
飲み水  10Bq/kg
牛乳・乳児用食品  50Bq/kg
検出限界は乳児用・水が5Bq、一般食品が10Bq

 

 

 

まとめ

 

放射能検査
食材宅配で一番放射能検査自主基準が厳しいのは、らでぃっしゅぼーや
不検出の数値が3Bqで、一般食材も国の基準の半分以下とされています。

 

オイシックスは、子供用食品については、らでぃっしゅぼーやに近い厳しい基準ですが、それ以外の食品は国の基準と同じになっています。

 

大地宅配は、野菜のみですが、10Bq以下を基準になっています。

 

農薬基準
農薬使用回数が一番厳しいのは、大地宅配。88%の野菜が農薬不使用となっています。
らでぃっしゅぼーやは特別栽培で許される回数より制限するとなっていますが、無農薬ではありません。